添乗員に英語力は必要か?

添乗員に英語力は必要なの?

添乗員のお仕事は、世界中を渡り歩いているイメージが強いため英語力が必要と考えている人も多いでしょう。

 

 

しかしながら、全ての添乗業務で英語を使用するわけではありません。

 

 

まず、当然ながら国内ツアーでは英語を使うことは全くありません。

 

 

外国人を対象とした国内ツアーで添乗員が英語でガイドをしなければならないと思っている人もいますが、まず添乗員はガイドをするお仕事ではないのとガイドさんも「通訳案内士」の資格無しで外国人を案内することはできません。

 

 

よって、添乗員が英語を使う場面は海外ツアーのみとなり、その中でも英語でのコミュニケーションが必要になるのは一部のツアーに限られます。

英語力はどれくらいのスキルが必要なの?

海外添乗員は基本的に英語を使う場面が多いですが、ツアーの行先と参加するツアー客によって使用頻度と必要なスキルは変わってきます。

 

 

ツアーの行先の場合、例えば、アジア圏では日本語を話せる現地ガイドが同行するケースが多いので、そういった場合は空港やホテルの手配内容の確認やレストランでのメニューの確認など、旅程確認だけの作業なので中学英語レベルでも通用します。

 

 

日常会話ができて、旅程管理のキーポイントになる空港、飛行機、ホテルでのトラブル対応までが想定できていれば問題ないでしょう。

 

 

逆に、ヨーロッパや中近東などの一部のエリアでは英語しか話せない現地ガイドが同行するケースがあります。

 

 

その場合は、現地ガイドが話す英語を添乗員が日本語に訳して案内する必要があり、英語のリスニングとスピーキングのスキルが必要になります。

 

 

特に観光地の案内は歴史的背景やその国の文化を説明することが多く、高度な語彙力が問われますので事前にしっかり予習をして、さらに現地ガイドと入念な打合せをしておきます。

 

 

また、参加するツアー客がどの程度の英語レベルか?ということも重要です。

 

 

英語が全くはなせないツアー客は、ショッピングの同行や飛行機内での注文に至るまで添乗員に頼りっきりになるので、英語を使う頻度は高くなります。

 

 

英語が流暢に話せるツアー客は自分で全てやりとりしてくれるので楽ではありますが、添乗員の英語力を見抜かれてしまうといった難点もあるので、翻訳のちょっとした間違いを指摘されることがあるのでスキルが高くないと業務に差し支えます。

英語力を補う対処法は?

日常会話レベルの英語力は最低限必要として、業務中にあたふたしないように心がけていたことがあります。

 

 

それは、事前準備の徹底です。

 

 

あたりまえのようですがとても重要なことです。

 

 

避けようがない突発的なトラブルはしょうがないとしても、ほとんどのトラブルは事前確認で回避できます。

 

 

ツアー客の前でトラブルが発生する前に飛行機、ホテル、レストランなど手配状況の確認は小まめに行います。

 

 

また、最も難易度が高いのが現地ガイドの翻訳になりますが、これに関しても事前打合せを入念に行います。

 

 

「どこをどういうルートでまわるのか?」「どの施設をどういう言葉に紹介するのか?」といった基本的なことから、「余裕を持ってゆっくりとした口調で話してほしい」「なるべく短い文章で話してほしい」といった注文までしておきます。

 

 

全ての工程を台本通りに進めるような感覚で添乗できれば英語が堪能でなくてもスムーズな案内をすることができます。

添乗員の英語力まとめ

未経験者は国内ツアーの添乗から始まりますので就職前に気にすることはありません。

 

 

国内添乗員を1年以上経験すると海外ツアーの添乗をできるようになります。

 

 

派遣会社各社の研修で英語力のスキルアップをしていますので、ある程度のレベルまでは上達します。

 

 

ただ、海外ツアーはトラブルに巻き込まれやすいので、最低限相手の話が理解できるようにヒアリング力は身につけておいた方が良いでしょう。

 

 

実際の海外添乗で英語力で不安になるのは「はじめて添乗する国」の場合です。

 

 

その時は、先輩添乗員の添乗レポートを熟読したり、旅行会社や派遣会社の担当者に現地情報を聞いておくなど、しっかりと下調べをしておきます。

 

 

2回目以降は旅行会社が異なっても、だいたい同じ内容なのでさほど緊張することもなく業務をこなすことができます。

備考

実は英語力については多くの添乗員が矛盾を感じています。

 

 

それは添乗員の仕事は「旅程管理」で「ガイド」ではないという大前提があるということです。

 

 

よって、旅行会社も添乗員に翻訳ガイドを依頼してはいけないし、添乗員もそれを受けてはいけないのです。

 

 

グレーな環境で業務をしていますが、英語ができる添乗員に仕事に依頼が集まる傾向にあるのでお互いなあなあですましているということなんですね・・・・。