正社員から添乗員派遣社員への転職するメリットとデメリットとは?

正社員から添乗員派遣社員への転職するメリットとデメリットとは?

現在添乗員として働いている人のほとんどは,、それまで他の会社で正社員として働いていた転職組の人たちです。

 

一度は正社員として就職したけれど、「毎日が同じことの繰り返してつまらない、、、」「もっと刺激的な日常を送りたい!」と感じて添乗員になる人が多いようです。

 

添乗員になる人は好奇心が強く行動力のある人が多いですが、別の視点から見ると衝動的で計画性が無いといった特徴もあります。(人のことはまったく言えませんが、、、、笑)

 

添乗員になるということは、仕事内容がどうこうのという前に「派遣社員になる」ということをしっかりと理解することがとても重要です。

 

ここでは、派遣社員として雇用されるという視点で、正社員から添乗員に転職することのメリットとデメリットを紹介します。

派遣社員のメリット

@ 契約以外の業務をしなくて良い
正社員として勤めていると、上司に急な残業や業務範囲外の仕事を頼まれると嫌でも受け入れなければならないですが、派遣社員は契約内容に従って業務を行うので、契約以外の仕事を依頼されてもきっぱりと断ることができます。

 

仮に「お客様の荷物持ちをしてくださいね」とか「ツアー以外の観光のお世話もしてあげてください」といったことを旅行会社に要求されても、「一旦、所属の派遣会社に確認します。」と言ってさらりとかわすことができます。

 

A 大手企業にコネクションが出来る
添乗員の派遣先は大手旅行会社のツアーになります。長く添乗員をしていると旅行会社の担当者と親しくなりますし、さらに添乗員自身の評判が良ければ「専属添乗員」として引き抜きにされることもあります。

 

また、キャリアアップとしてツアープランナーになりたい人も旅行会社とのコネクションを作っておけば口利きで正社員採用されることもあります。

 

 

B 仕事を選べる
新人添乗員は仕事の依頼が制限されるので「仕事を選ぶ」ということはしにくいですが、ある程度経験を積んでいろんな旅行会社から声がかかるようになると、自分で行きたいツアーを選ぶことができます。

 

ベテラン添乗員さんの中にはヨーロッパツアーしか受け付けない人もいます。添乗員ちとして自分の行きたい国に行って、それ以外の時間は別の仕事をすることもできていしまいます。

 

 

C 年収が上がりやすい
正社員雇用の場合は傾斜が定めた昇給制度に準じて年1回などの昇給となりますが、添乗員の場合は自分のスキルにあわせて派遣会社と都度交渉することができます。

 

スキルが高いことが条件ですが優秀な添乗員を確保しておきたいので、旅行会社から指名されるような添乗員になれば契約する金額も高くなっていきます。

 

 

D わずらわしい人付き合いがない
会社イベントや行事の参加、上司や同僚との飲み会など半ば強制的に付き合わなければなければならない人間関係はありません。趣味や習い事をしてみたり、家族や友人と遊んだり、自分がやりたいことに専念できます。

派遣社員のデメリット

@ ボーナスが無い
社会人の楽しみのボーナスがありません。前もってわかりきっていることではありますが、正社員から転職した人には年2回の決められた報酬がないのは、残念な気持ちになると思います。

 

ただ、今の時代は正社員でもまともなボーナスが支給されない会社もあるのでそれほどダメージは少ないですね。

 

A 退職金が無い
退職するということが無いので当たり前のことですが、老後の生計を立てることができないのは少し厳しいですね。

 

B 住宅ローンが組みにくい
女性添乗員の場合は、結婚相手が定職に就いていればまったく問題ないですが、男性添乗員の場合はマイホームを購入できないので年齢によっては添乗員はおすすめできません。

 

ただ、ひとつの派遣会社に長期勤務していれば例外が認められることもあるようです。

 

まとめ

長年添乗員をしていて、唯一の懸念点は雇用形態だと感じています。

 

 

私の場合は、結婚して夫が定職に就いているのでただただ楽しくのんびりと仕事ができていますが、生活環境によってはおすすめできない場合もあります。

 

それでもやはり魅力的な仕事にあこがれる気持ちは十分にわかりますので、「3年間だけやってみて、また正社員に転職する」「結婚するまでは続ける」「若いうちに社会経験として」といったように自分で期限を設けてトライしてみるのも良いと思います。

 

添乗員の仕事は、1年〜2年程度経験していればいつでも復帰できるのもメリットです。私自身子育てに追われていた時期は休業をしていたので、まずは自分なりの働き方を模索してみることをおすすめします。

 

添乗員派遣会社では何百、何千といった添乗員がそれぞれのライフプランに合った働き方をしています。

 

「添乗員になりたいけど将来が不安・・」「生活は大丈夫かな?」という悩みのある人は、まずは気軽に派遣会社の説明会に足を運んでみて、担当スタッフに自分の働き方を相談してみることをおすすめします。